フォト
2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
無料ブログはココログ

« A PART OF SMITHS GAUGE | トップページ | VINTAGE MIRROR »

2013年11月13日 (水曜日)

47H5086 HORN MOTIF AUSTIN のレプリカとニセモノ

80020131113_014

右は本物のオースチンMK-1ホーンモチーフで「47H5086」の中古です。さて左の3個のなかで本物はどれでしょう?

 

答えは・・・

残念ながら全部レプリカです。左端は私がイギリスからレプリカとして買ったものです。左の中の残り2個は知り合いの業者が本物として買い付けたものです。左下のは本物に見せるように裏にも細工がしてあります。さらにルーカス純正の袋にまで入ってたりして・・・ただモーリス用の品番だったので笑いましたが。下の写真どおり封を開けた状態でした

80020131113_021

自称オースチン派な私はこのレプリカたちの区別ははっきりわかりますが、ふつうは見分けにくいかもしれないです。



レプリカとして買ったら特に問題ないですし、とても良くできてます。ウチのデモカーなんかにも付けてたりします。

 

 

ただコレを本物として売るといわゆる「ニセモノ」「贋作」「FAKED」・・・・です。
またソレを解らず無意識でユーザーさんに本物として売るのは・・・・それはそれで、たちの悪いことです。(つまり、普通のプロショップでは判別は難しいので、そのお店の仕入れ先が信頼できる所なのかどうかが重要という意味です。その意識が不足している事がたちの悪い事・・・)




業者間ではたまにあるんですよ。その時は買う方の業者側もソレを見分けなくてはいけない。絵画なんかでもそうですよね。業者は本物を仕入れてユーザーに売る。業者は本物を確認して仕入れてその仕事に付加価値をつけて利益をプラスして販売する。ユーザーさんは少し高くても+安心を買う。それが普通です。


ちょっと話はそれますけど本物、ニセモノ、に限らず最近のメンテパーツの品質の良い悪いなんかも熟知してないと色々問題が起きたりします。ソコもプロの仕事ですから。〇フオクで売られてる安物パーツとは一味、二味も違うものを売らなくちゃね。もちろん補修に使うパーツもしかり。


まあ最近の補修パーツの安かろう、悪かろう、を見ていると常々そう思ってしまいます。

80020131113_017                            中古ながらも本物は落ち着きがある感じ。


そのオースチンの見分け方は物議をどーこーという話もあるんでオリジナルMK-1に乗っていてどーしても気になる人はお問い合わせください。あ、モーリスは最近のレプリカを見てないんで違いは知りません。でも現物を手にすれば多分わかります。



しかし・・良いレプリカをつくるってのは大変なのに、なんかいつも悪用する人がいて残念




« A PART OF SMITHS GAUGE | トップページ | VINTAGE MIRROR »

旧ミニ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 47H5086 HORN MOTIF AUSTIN のレプリカとニセモノ:

« A PART OF SMITHS GAUGE | トップページ | VINTAGE MIRROR »