« 三連ウッドパネル・チャコールグレー + 更に3連 | トップページ | new items »

2013年12月20日 (金曜日)

MK-2 センターキーコンバージョンKIT + ウィンカーレバーKIT

800a422_z1                                                                   MK-2センターキーKIT



こないだロングランなパーツって親孝行ですって話があったんですが、またソノ続きみたいな話・・・古い話が多くてアレなんですが、忘れないうちに書いときます。


コレは普通に「MK-2 センターキーキット」って呼んでますよね。1980年代頃はスイッチ単品x3個とパネルだけの材料で売り出しました。センターメーターをつけた人が、じゃ次はコレに!っていう感じのアイテムでした。
# 細かい拘りはあるのですがここでは省略します。おおまかにはWebShopをご参考に

http://www.do-td.co.jp/shop/34_422.html




ただ1980年代の当時はコレを配線するのが結構時間がかかって、ヘタするとコラムキットと合わせて1日半?なんてこともあって・・・取り付け工賃がやたら高い改造のひとつでした。

じつは20年前に会社をスタートした時の最初の仕事がこのキットでした。

とりあえず、簡単につくようにしよう。それだけ(笑)




配線自体はそれほど難しくは有りません。端子をつける手間は大変ですが。それより、むしろそれに使うカップラーや端子。サブスイッチ。英国製同色の配線・ケーブル。スイッチパネル。サブパネル等、そしてLUCAS純正スイッチ類を手配して安定して入手することの方が大変でした。ですから配線はワイパー回路を含めて10日ぐらいで決定、でも材料探しには一か月以上かかりました。


その中でも入手が出来なかったものがコレ

8001219_046

センターのイグニッションスイッチのスペーサーです。イグニッションSW裏の配線端子が奥に当たってショートしたりしないようクリアランスを稼ぐためについています。最初はMK-1スイッチパネル用に設定されました。安全面では絶対必要なパーツ。


その後MK-2時代になってからはクラッシュパットが付いたためにその厚さの分を差し引いて薄手にに設定されました。




で、純正品はもちろん廃盤、生産中止、NLA。


(話がそれますが・・・BMCやBRITSHI LEYLANDのパーツDIV.が良く使ったNLAは No Longer Available の略です。 もう入手出来ない-入手不可。って意味です。同様に使われるNLSは No Longer Supplyで読んだ通りで供給終了、生産中止って意味です。あとNYA  Not Yet Available まだ供給されてない=再生産の可能性有。なんてのもあります)




だったら作ろう。形は簡単。ただ・・・拘る必要もないんですが・・・付けて十年、二十年経って、このキットが付いた車を買う人も居るだろう。って考えると




やっぱり「
真鍮」で作ってメッキしました。

クロームプレーテッド・ブラス、真鍮メッキってやつです。

8001219_027                                                                     左 MK-1用  右 MK-2用

おかげで錆てるのはいまのところ有りません。その頃作った試作品さえもピカピカです。


# ほらほら又どうでもいい話になった^^;



で、センターキーKIT完成後の業者さんからのレビュー

「配線がほとんど不要になって助かった」

「下手したら一日仕事だったのが一時間で済んだ」

「キットは高くなっても結果的に工賃が抑えられてトータルで安くなった」

これはホント嬉しかった。




同時にウィンカーレバーKIT( コラムカバーKIT )も作った訳ですが・・・発想は全く同じで繋ぐだけのカップラー・オン。

MK-2タイプのコラムカバーは当時、他社がファイバーなどで作っていましたが合口が悪く隙間があいたりしてちょっと不恰好。


よし、これは作ろう。イギリスにも未だ出回ってないから、このKITが不発の時は輸出しよう!ってことで
インジェクタ・プラスチック金型で射出成形!

8001219_043                                                                8G6035  MK-2コラムカバー

最後まで悩んだのがコラムカバーをつけるブラケットです。

当時は皆、MK2純正の付き方を真似て、コラムシャフトのポストに生えてる後期型コラムカバー用のブラケットを切って溶接したり、細いスチールプレートを作って溶接したり・・・と、これまた結構大変な作業でした。




ずっと考えてました・・・2~3日、ウィンカーレバーとコラムカバー、ステアリングコラム(ポスト)とにらめっこしてました。


で、三日目。コラムカバーの角度とウィンカーレバーの取付の
角度が常に同じだということに気づき・・・・

おお、それならウィンカーレバーに抱かせればいいんじゃない?って思いつき、急いでアルミ板を切って色々な角度で取り付けてみる・・・・

8001219_037

さらにウィンカーレバーを付けるときにそのUバンドと本体の間の1mmぐらいのクリアランスを発見!ここに挟み込めるか?

8001219_029_2

完成しました。MK-2コラムカバー取り付け用のブラケット。

今となってはホントに普通のアイテムですが、その時は画期的だったんです。

業者さんからの反応は前出のセンターキーKIT以上でよかったです。




去年のコトですが、新規に取引を始める業者さんに、このブラケットの説明をしてましたら・・・

「ソレ昔からウィンカーレバーキットに付いてますよね」


確かに。あ、でもソレ私が考え・・・いや、何でもないです^^;

でも・・・

A403_z1



コロンブスの卵?






は、大袈裟か・・・・





本ブログ「新古折中」の最新記事は見やすいブログ村ランキングから
ご覧ください。記事ランキング・PVランキングにも参加してますのでぜひクリックご協力ください!

↓最近記事へ

にほんブログ村 車ブログ MINI(ミニ)へ
にほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村

« 三連ウッドパネル・チャコールグレー + 更に3連 | トップページ | new items »

旧ミニ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/596059/58779835

この記事へのトラックバック一覧です: MK-2 センターキーコンバージョンKIT + ウィンカーレバーKIT:

« 三連ウッドパネル・チャコールグレー + 更に3連 | トップページ | new items »

フォト
2018年8月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ