フォト
2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
無料ブログはココログ

« 私的な CR WHEEL HISTORY [ 1 ] | トップページ | SUキャブレターって? [ 2 ] »

2013年12月 2日 (月曜日)

SUキャブレターって? [ 1 ]

Fzx3003

                                                           SU HS2 Carb.

SUキャブレター。SU、エスユー、エスユーキャブ、SUツインなど・・・


私たち英車ファンにはもっとも馴染みの深いキャブレターです。

その名前は創始者のジョージHスキナーさんが発案したキャブレターを弟のトーマス・スキナーさんと製造販売するために創設したスキナーズ・ユニオン(スキナー組)という社名に由来します。

最初はユニオン・キャブという名前で発表しましたが(おそらくユニオンという名前では登記問題や商標・オリジナリティなどの問題点があるため)会社のイニシャルのSとUを使って「S.U.キャブレター」に変更して再度売り出しました。そしてそれが歴史的な大ヒット!って話はそこそこ有名な話と思います。



.

 

 

あんまり歴史的な難しい話はさておいて、

よく対比でウェーバーと良く対比されたりしますよね。もちろんミニオーナーに限らず英国車ファン、広くは旧車ファンにとってもウェーバーとSUは人気を二分します。

でもこれほどまでに対極な性格も無いんじゃないかと思います。

よく
SUは「理性のあるキャブレター」って言われ方をします。たぶんこれはその構造の一番の特徴が「可変スロットル」、つまりキャブレター内の流速に応じてチャンバーピストンーが上下してスロットルの径を可変させる。つまりそのエンジンに必要な混合気のチャンバーボリュームを自動的に調節できる合理的なシステム。

で、しかもピストンの上下動によって噴出部(ジェット)内にあるニードル(針)の太さが変化しており、そのためピストンの高さ(=スロットル径)に応じたガソリンの濃さが自動的に調整されるわけです。

Sucarb

ちなみにこのニードル(針)や噴出部(ジェット)が摩耗すると、全体の適正量のみならず日本の車検で問われる「アイドリング時の排出ガスの質」に大きく影響がでてきます。

SUは可変チャンバーを持ち、その排気ガスの質や燃費も少なからず有利だった。

で、じゃあ「ウェーバー」は理性的じゃないの?って話ですが

 

Weber

答え) 理性的じゃないと思います(笑) 剛腕なキャブレターです。

その品性のない性格・性能ながらも(失礼)キャブレター史上最も多くのスポーツカーへの純正採用をされたこと、また多くのアフターチューンに使われたことを見ても解るように、その基本設計と細かい各部のサイズ設定、ジェットの細密な番手などなどが高出力、高回転エンジンにはとても有効だったわけです。

中でもイン側とアウト側にレイアウトされたベンチュリーによる流速設定システムは極め付けでした。

後年、高性能でありながらも燃費性やエミッションコントロールへの不整合などの基本構造があだともなっていてしまったのは・・・HIFキャブレターに依って延命したSUとの違いでもありました。またそこがSUキャブ党とウェーバー党との好みの分かれるポイントなのかもしれません。


もちろんSUキャブもレースにも頻繁に用いられたり、アストンマーチンやジャガーなどの高出力スポーツカーにも用いられます。

ミニにも60年代ならCOOPER S コンバージョンとして SU H4 ツインキャブ が用いられてそのウェーバーにも劣らない高性能ぶりを発揮してくれました。

Su_image943_3                              SU H4 TWIN CARB.

そうそう、そのH4 とか HS2とかって何?って話なんですが・・簡単に言うと

H  初期のSUキャブ。おそらく水平方向・ホライズン(Horizon)のから命名

HS   Hタイプを量産型にしたタイプ。横付けされたフロート室(ガソリンを与蓄しておく部屋)からガソリンのホースでラインすることから燃料供給がセパレートしている(Horizontal & Separate)からH・Sとなる(これは英サイトにも良く書いてます)
           


HIF その I F は Integral Float つまりフロート室がキャブレター内に一体化されていることを示します。

じゃあ数字は?それはスロットルの径を表してます。ほぼスロットルバタフライの径です。

表記方法はサイズは基本は「一インチ+〇」サイズの〇部分が径サイズとなります。

で、1インチ+1/8インチサイズが
1・
1/8で たとえば H1 (カニ目などにツインで装着)

1・1/4 からはその1/4の分母を8にしたときの分子
2/8の2から H2とか HS2みたいになります。つまり

H
1    などは1・1/8キャブ (1+1/8) 
HS2  などは1・1/4キャブ  (1+2/8) 
HS
4  などは1・1/2キャブ  (1+4/8)
HIF
6   などは1・3/4キャブ  (1+6/8)


です。HIF38などの二桁の数字の場合は
そのままミリメートル表示です。44mmでHIF型だとお馴染みの1.3キャブクーパーの「 HIF44 」となります。

Hif44                                    HIF44




まさかSUの話で続くとは・・・



.





本ブログ「新古折中」の最新記事は見やすいブログ村ランキングから
ご覧ください。記事ランキング・PVランキングにも参加してますのでぜひクリックご協力ください!

↓最近記事へ

にほんブログ村 車ブログ MINI(ミニ)へ
にほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村

« 私的な CR WHEEL HISTORY [ 1 ] | トップページ | SUキャブレターって? [ 2 ] »

旧ミニ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: SUキャブレターって? [ 1 ]:

« 私的な CR WHEEL HISTORY [ 1 ] | トップページ | SUキャブレターって? [ 2 ] »