フォト
2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
無料ブログはココログ

« ここ最近の純正部品の考え方 [ シンクロリング編 ] | トップページ | 展示品 at ニューイヤーミーティング in 日産スタジアム »

2014年1月 9日 (木曜日)

意外と無名なパーツたち

今年もよろしくお願いします。

去年、スタッフから「パーツの紹介が無い」といわれたり、昨日は業者さんから「ユーザーの方に知れ渡ってないパーツも多い」と新年早々のダメだしをされたり(笑)で、これからは地道に些細なパーツも紹介します。でもご存知のパーツも多いかもしれません。


800new2014022
                                                                 ドレインプラグ ネオジム仕様

                     
もう大分浸透してきました。ねおじ。ネオジウム。又はネオジム磁石です。

なにしろ磁力は最強です。アルニコの5~6倍ってよく言われます。なにが良いかと言うとその鉄粉のとれる量もさることながら、ホントに細かい鉄粉まで取ってくれます。オートマからドグミッションまで、ノーマルエンジンからフルチューンエンジンまで効果大です。

あと国産の銅ワッシャーが付いていますので安心なのと、表面処理を「
オリーブ・クロメート」処理してあります。グリーンメッキとかグリーンクロメートとも呼ばれますね。

(細かい話ですけど・・・その防錆効果はユニクロや黄色クロメートなんかの2~3倍ですが、コストも2~3倍です。それより軍事用具によくつかわれ国防カラーとかアーミーカラーと呼ばれることからも信頼性も高いことがわかります)


オイル交換時におススメします。今のエンジン・ミッションと出来るだけ永く付き合うのために。



次はコレです。ブレーキランプスイッチ(ストップランプスイッチ) ブレーキペダルの上の方についてブレーキの赤ランプを点滅させる部品です。

800new2014034_2                                                                  ストップランプ スイッチ13H3735                                                                

一時期、純正品、LUCAS製、インターモーター製のすべての品質がわるくなってヘタすると一か月で壊れる!って騒ぎになりました。実はそれらは全部おなじ工場で作られていたのでウチではあえて違うメーカーで耐久性に定評があるアフターパーツを輸入しました。

こちらは構造から考えても良いのはすぐ解りましたが、やっぱりテスト!と言うことで数件に協力してもらい、今、8か月過ぎましたがコワれたという情報は今のところありません。

実は前者が弱い理由は簡単で、金色のコネクター端子がスイッチの中に入り込んでいて、それがグラグラな上に、スイッチの接点を兼ねているためという致命的な設計のせいです。いわゆる大量生産むけの設計。


一応当社のは「正常なタイプ」って事で販売を開始しますが、純正のカタチに拘らなければこんなのもあります。

800new2014041                                                             ブレーキランプスイッチ日本製 GR167



国産のブレーキランプスイッチをミニに付けれるようにカラーを作ってセットにしてあります。以前から稀に国産スイッチを改造して付けている業者さんもいたわけですが改造が結構めんどかったです。

コレは簡単につきますしもちろん壊れません。敢えて欠点を言うとダクトホースにやや当たります。問題はないんですがあとは好みの問題だと思います。



ついでなんで随分前からある商品も。

800new2014044                                                               サーモエルボーガスケット GTG101R 

はじめてから約20年近くなります。純正品、英国製品、他社日本製、どれも漏れたり滲むらしいですが、コレは大丈夫です。

その前は日産のL型用を使ってたんですが生産中止になったんで作って貰いました。

ひとつ注意点としては「液体パッキン」を絶対に使わないこと。サーモエルボーの面をキチンとチェック(必要なら修正)してそのままカキーンとしめて使ってください。絶対漏れません。

意外とベテランの人でも間違えます。

その理由は「今までのが液体パッキン使わないとダダ漏れだった」でした。密度の高いジョイントガスケット材にに無意味に液体パッキンを使ってもニゲるだけで意味がないんです。

でも、おかげさまでこの商品は多くのショップさんに使ってもらってます。







最後に、業者さん向けの商品で全く案内してなかったもの^^;)

800new2014049                                                            ブレーキマスターリザーブタンクシール HK127D
                                       

ブレーマスターシリンダーのリザーブタンク部のシールだけです。

従来はマスターシリンダーのオーバーホールキットにしか入っておらず、「シリンダーは大丈夫なんだけどタンク下からだけ漏ってるんだよな」という事がありました。結構前にイギリスでAPロッキード純正品を見つけて輸入して数件に販売しましたが・・・あと案内するのを完全に忘れていた、というパーツです。。

聞くと今では他にも輸入してるトコがあるらしいですがウチでもやってますので、もしお困りの際はぜひご利用ください。




これらはどちらかというと業者さん向けのパーツなんですがユーザーの方も愛車に使われるモノの質に関しても意識した方が「ミニに乗っていくために」良いかなと思って書きました。私も基本ユーザー目線なんです。





今日は脱線しなくてよかったです^^;)

« ここ最近の純正部品の考え方 [ シンクロリング編 ] | トップページ | 展示品 at ニューイヤーミーティング in 日産スタジアム »

旧ミニ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 意外と無名なパーツたち:

« ここ最近の純正部品の考え方 [ シンクロリング編 ] | トップページ | 展示品 at ニューイヤーミーティング in 日産スタジアム »