フォト
2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
無料ブログはココログ

« 10インチダウンを考えてみよう  【 3 】 | トップページ | 意外と無名な部品たち 【 2 】 »

2014年3月21日 (金曜日)

銘品かもしれない -- ウェーバー用ファンネル編  --

さすが日本製!と言うしかありませんでした。

1000rampipe017_2

45DCOE用 50mmタイプ



これはグリフィンさんから結構前に「良い物ができたので販売して下さい」って写真だけ貰ってたんですが・・・うっかり数年が経ちまして、今、グリフィン社製30年間のパーツを少しずつウェブショップにアップしていってるんで・・・ついでに取寄せてみました。


いやいや圧巻です。現物みて感心しました。いままでエアーフィルターやラムパイプが好きで色々と扱ってきました。

ラムエアー・パイパークロス・K&Nなどなど。で、その時折にラムパイプ・エアファンネルも輸入したり作ったりして見てきましたが・・・これは一番良くできています。ラム的にも純正よりも広めに拡がっているので良いと思います。

お気づきのように、これはアルミの塊からの削りだされています。ビレットです・・・さらにベンチュリーの固定リブも裏側に削り出してあります。

1000rampipe013_3

 

裏側・ベンチュリーを固定するようになっている

そういえばウェーバー好きの人なら一度は目にしたことのあるファンネルがあります・・



1000gr06789

 

外車、国産を問わず80年代に流通しまくっていたアミ付きファンネル。口の悪い人は茶漉しファンネルとか呼んでましたね。

網が付いているんでもちろんRAM自体はそれほど
ですが、大きなゴミの流入を防ぐのと見た目?でなにしろ当時はかなり売れてました。


実はこのアミ付きファンネルは、グリフィン社(当時は卯滝商店)のメガ・ヒット商品です。当時は量販カー用品店などを含めとんでもない数量が販売されたそうです。


そういう流れもあったからでしょうか?この削り出しファンネルは今度は「腰を据えてじっくり売っていく」商品とも言えるスタンスですね。でも現在庫がなくなったら再生産は難しい商品だそうです。いつか更に評価されるときがくると思い個人購入を決心。銘品なんて売ってる頃はそんなもんです。



という訳で自分の趣味ボックスに40用35mm・40用50mm・45用35mm・45用50mmの各2個ずつ計8個が眠ることになりました。興味のある方は来週以降にウェブショップでどうぞ。

1000rampipe027_2

左40用35mm・右45用50mm




« 10インチダウンを考えてみよう  【 3 】 | トップページ | 意外と無名な部品たち 【 2 】 »

旧ミニ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 銘品かもしれない -- ウェーバー用ファンネル編  --:

« 10インチダウンを考えてみよう  【 3 】 | トップページ | 意外と無名な部品たち 【 2 】 »