フォト
2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
無料ブログはココログ

« ボディ・ワークの穴  [ 1 ] | トップページ | ボディ・ワークの穴  [ 3 ] »

2014年5月23日 (金曜日)

ボディ・ワークの穴  [ 2 ]

つぎはドアモール。

まずリベット位置を決定

800041

じつは各リベット位置のオフセットってMK-1・2を参考にすると合いませんので、位置を全部調整しながらスライドリベットを4本とプッシュリベットを7本を片側に打ち込みます。で取付終了。



1000030

大変でしたがどうにかできました。ちょっと変わったかな?やっぱりSのタイプのモールを戴きますとオートマ車であっても走りの血が・・・騒ぎだします(笑)

で、まだ物足りないって意見が多いかと思います。

わかりました。じゃあ、やっちゃいましょう! CRホイールと究極の相性といわれるクーパーワークスラインで。


しかし・・・・ここで現車が赤/黒って事をわすれてました。デカール/ステッカーチューンの一番難しいだろうと思われる色目・・・

やっぱりFORMULA-Rにも使われたアーモンドグリーン/ホワイトルーフ。MIGLIAに使われた白ボディ/黒ルーフや赤ボディ/白ルーフの方がラインやロゴデザインが映えますよね。



なんとかならないのか・・・・丸3日ほど考えてみました。で、専門家からのアドバイスも参考にしてカラーリングを決定。

いろいろロゼットも配色を変えてなんとか赤黒ボディに合わせたい・・・






800bmc

ラフスケッチVOL1.07でやっとこ形に


なんとか自力でここまで完成・・でも実装するにはどうすんの?



それならここはプロに依頼しようと思い、以前にERAターボのバッジで紹介しましたMINI FLAGの香川氏に協力してもらうことにしました。

 

彼は私と同じNTS社の出身で・・・日本に棲息するCCC/VORTZ FORMULA RやCOOPER MIGLIAの修理やレストアを手掛け、そのエンジンも完璧にO/Hできる本当に数少ないメカニックの一人と思います。ジャックナイトのモンスターMINIの元ドライバーって言った方が早いかな。

 

もちろん本物のボディワークもクーパーラインを含めBMCロゼットやCCC・VORTZロゼットの製作も数々こなしてきています。

 

「このデザインでイケるとおもいますよ。名前もロゼットも自社名にしたらどうです?」

 

ってメールを貰ったんで速攻でデザイン変更。

 

D.O.TRADING COを入れるのに敢えてアエリアル斜体を諦めて別のフォントに変更


800dtc_2

草案VOL1.08




そうこうしてるとロゼットの方ができたそうで早々にメールで写真が来ました。


Dsc05765



ほんと良くできてますよね。俄然テンションがあがります。

ほかのラインやロゴもどんどん完成とのメールを貰って・・・・








・・・・ボディ・ワークの穴[ 3 ]に続く

« ボディ・ワークの穴  [ 1 ] | トップページ | ボディ・ワークの穴  [ 3 ] »

旧ミニ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ボディ・ワークの穴  [ 2 ]:

« ボディ・ワークの穴  [ 1 ] | トップページ | ボディ・ワークの穴  [ 3 ] »