フォト
2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
無料ブログはココログ

« お疲れさまでした。レイクサイドミニパーティー2014 | トップページ | MK-1、2 ルームランプ WINGARDとかの話 [ 2 ] »

2014年5月31日 (土曜日)

MK-1、2 ルームランプ WINGARDとかの話 [ 1 ]

そういえば20数年くらい前、MK-1タイプのルームランプがとても人気があった頃なんですが・・・
日本でもレプリカが作られました。


P101

13H4398 レプリカ 日本製




コレはとても良くできていて、MK-1・2タイプのレプリカでは今までで一番いい出来だったとおもいます。さすがMADE IN JAPANなんですが・・・惜しいのはレンズが本物より少しだけ痩せていました。でも後にも先にもコレより良いレプリカはありません。でも、ずいぶん前に生産中止。


一つ問題は・・・最近の日本の中古市場でたまに本物として売られていることです。見分け方は・・もちろんWINGARDとは刻印が無いことと、ボディ部分が本物より濃く黄色く変色することです。







それはそうと、実は、この手のルームランプは当時は個人的にはあまり拘ってなかったパーツでした。それでオートジャンブルなんかで一生懸命に探すことも無かったのでここに書くのは・・・いわゆる部品屋が知ってる事、私の知ってる範囲の事で・・・・マニア的に掘り下げたものではありませんのでご了承ください。



実は最近はほとんどイギリスでも話題がでません。というかますます知ってる人がいなくなってますね。

Mini_2110




MK-1の初期タイプなんですが、昔は「
TORPEDOタイプ」、つまり「魚雷タイプ」ってイギリス人もよんでました。私らは「とがった奴」って呼んでましたが(笑)

このタイプは基本的には1964年の9月まで使われました(が1965年の4月って説もあります。でもたぶん登録遅れだと思います)

_126

BMC 14A9148

本来は上のように黒いスライドノブが付くので「トーピドォのブラックノブ」って名前になります。「魚雷・黒ノブ」です。でBMCの純正品番は 14A9148 でした。特徴として比較的に透明感のあるプラスチックでできていてピカピカしてます。結構劣化してるものが多いです。完品が少ないのも特徴です。あと、後期タイプのレンズ(17H9971)も付けれますが前期のオリジナルレンズは少しだけディテールが違っていて品番は37H9933です。コレまたひび割れてるものが90%です。


いよいよ1964年10月からは・・・たぶん「黒スライドは操作しにくい」という声が反映されてノブがレバータイプにへんこうされます。色も白くなってオシャレに?

158

BMC 13H192 WINGARD




で、大雑把ですが・・おそらくBMC時代は
13H192 品番で・・・BLMCからはお馴染みの 13H4398 ってなると思います。少し質感が違ってる気がするので品番変更の時に「材質変更」された可能性もあります。熱に影響されるパーツですからね。でも見た目はほとんど一緒です。

102

BLMC 13H4398 WINGARD(13H192同等品)

で、このタイプは両端がフラットになってるんで「FLAT END」とか、レバーが白いんで「ホワイトレバー」とか呼んでました。先の日本製レプリカはこのタイプです。


大まかにはこの前期と後期の二つなんですが




こんなのもあります。

T2ec16fzoe9s5nc3gobrvfphmskq60_1

グレータイプ WINGARD




これはフラットエンドなのにブラック・スライド・ノブです。しかも本体の色が薄いグレーというかブルーというか。後期フラットエンドよりもほんの少し小ぶりに見えます。

たまにコレを単なるコピー品って思われてる方もいらっしゃるようですが・・・これも
WINGARD製です。でこれは筆記体のWINGARD刻印有りと無しが存在しますがどちらも本物です。当時もBMCパーツ出身の人にも聞きましたが詳しい事はほとんど知らず・・・でもWINGARD製って認識されてました。
あるオートジャンブラーのお爺さんが「ああ、ソレ、MINIにも付いてたしA55とかもそれじゃなかったかな?」って言ったのを覚えてますが・・・未確認。


仮説なんですが・・実は純正は前期タイプはWINGARDじゃなかった。よく壊れていた・・・その頃にWINGARDがこの耐久性のあるグレータイプを作って・・・で、実績が認められ(他車種などに)採用された。そしてさらにミニ後期タイプの有名なWINGARDタイプができた!

とか^^; こういう仮説とかを結び付けたり検証してみたりするのがビンテージパーツのおもしろ味だったりもしますね。


でもこのグレータイプは実際にミニにオリジナルな様に付いていた1965年式を数台見てます。あとポルトガルから輸入したMK-1にもついてましたね。前期から後期タイプに変わるころの(他車種からの流用で)パーツリストオプションだった可能性もありますが・・・詳しい方いらしたら教えてください。

実は私はこのタイプが一番好きです。色もいいし、熱にも強いみたいで何より品が良い。このタイプだけはいつも探してます。










続きます^^; MK-1、2  ルームランプ WINGARDとかの話 [ 後編 ]
へそのうち!



(こんなに長くなるとは思いませんでした・・・)

« お疲れさまでした。レイクサイドミニパーティー2014 | トップページ | MK-1、2 ルームランプ WINGARDとかの話 [ 2 ] »

旧ミニ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: MK-1、2 ルームランプ WINGARDとかの話 [ 1 ]:

« お疲れさまでした。レイクサイドミニパーティー2014 | トップページ | MK-1、2 ルームランプ WINGARDとかの話 [ 2 ] »