フォト
2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
無料ブログはココログ

« MK-1、2 ルームランプ WINGARDとかの話 [ 1 ] | トップページ | シートなどの話 [ 首都高編 ] »

2014年6月 2日 (月曜日)

MK-1、2 ルームランプ WINGARDとかの話 [ 2 ]


(続きです)


実はまだあります

Interior20lamp20mk120style_2

13H4398 レプリカ オーストラリア製
(最近よく売られているタイプ)

コレは最近できたレプリカです。製造者はオーストラリアのミニショップです。残念ながら存在しなかった「後期のフラットエンド・ホワイトボディ」に「前期のブラックノブ」の組み合わせとなっており・・・イギリスのMINIマニアにはちょっと評判は良くないみたいです^^;

なんでオーストラリアの人が間違えたのか?・・・最初はグレータイプをコピーしてボディを後期にしたのかと思いましたが違うようです。

よく13H4398の品番表記で最近ネットで売られてますが・・・個人的に思うのは・・・レプリカとしてはちょっと残念。。って感じです。そう、品質がよくできているだけにスペックが惜しい。。。





私の推測ですが・・ 実は昔こんなのがありました。これは私のコレクションですが、

1000mk1room001

1000mk1room003

おそらくイタリアのメーカー製リプロダクション


当時にイタリアINNOCENTIとスペインAUTHIがオースチンのノックダウン生産を行っていた際にどちらかで作られたものです。

裏にイタリアディーラー式の品番が刻印されてますので、いい加減なコピー品ではないと思います。



おそらくオーストラリアの人はコレを見本にしたと思います。細部がそっくりです。ボディ外側のアールがほんの少しだけ違うくらい。

コレが付いてる車が赤道を越えてオーストラリアに行ったのか?もしかしたらオーストラリアもレイランドのノックダウン生産の歴史があるのでそのものズバリがパーツとしてあったとか?・・でもこれは断言しますが・・・・・・・推測です(笑)

 




そろそろネタ切れだろうと思われた方には申し訳ないですが^^;



まだあります。

1000mk1room_007

 謎の白メッキノブタイプ

スイッチノブがメッキで丸いシャフトタイプ。これ、たまにオートジャンブルで見かけますよね。ホント謎でした^^;

ボディはとがった
魚雷タイプの初期モデルで白メッキノブ。そのノブがちょっと安っぽい^^;
単に「社外、社外!」っていう人もいましたが・・なんか不思議な感じでした。

 

1000mk1room_009


よくよくみると金属の各パーツはちょっとチープな感じです。作りも材質もオリジナルとは違う・・・でもなんかボディ本体のキャストはやたら本物にかなり精密というか・・・材質の違い以外では見分けがつかない・・・・ずっと不思議・・・でした。




で、最近こうやって、むかしの話をブログに書く機会が多くなったんで・・・・20年くらい前の資料を見てましたらある会社の事を思い出しました。

20140531233746_00001

ARDEN(アーデン・コンチネンタル)という会社で昔はアレキサンダーとかスピードウェルとかレイヨッド、BG(BROWN&GEESON)とか数々のメーカーから依頼を受けて本物の各社のOEMばっかり製造してきたファクトリーがメインの会社です。もちろんむこうの業界では有名です。やっぱりアレキサンダーミラーが有名かな?


ある人の紹介で、20年くらい前に工場の中を全部見せてもらう機会がありました。私にとっての凄いモノがたくさんありました。で、いろいろなレアパーツも発掘できたんですが・・・そのときの工場のマネージャーにいろいろ昔話も聞きまして・・





その昔・・・・・アーデンも他の会社のOEMばっかりではなくて自社で立ち上げた
ブランドが必要!って頃があったみたいで・・1968年~1972年頃(らしい)カタログをもらいました。

ブランドネームは
JEMCA です。そういえばジェムカのルームミラーとか昔あったなあ・・・

そのJEMCAカタログはこちら

20140531234256_00001

20140531234343_00001

20140531234220_00001

薄いブルーのマジックでバツしてるのはその時に在庫が無いって説明を受けました。

懐かしいなあ・・・とずいぶん久しぶりにそのカタログを見てたら隅っこに・・・


あっ!!

20140531234220_000011

見逃してた!



そうでした。この謎のMK-1ルームランプは、JEMCA製(アーデン製)だったんです!


これで謎が解けました。

でもボディの精密さにくらべて金具類・ノブの適当さから考えても・・・


たぶんですが・・・ボディはオリジナルじゃないかな?とも思ったりします。アーデンほど古い会社なら当時にBMC関連の下請けをしていても全然不思議はないからです。


そこはまだ謎ですが・・・・


でも20年来のクエスチョンが一つ解けて良かったです。


あまり日本でもネット上でMK-1・2ルームランプについて書いてる記事を見かけることができませんでしたが・・・
たぶん前期・後期にまぎれて「グレーWINGARD」「日本製リプロ」「イタリア・リプロ」「オーストラリア・リプロ」、でさらに「JEMCAリプロ」が入れまじって、分かりにくくなってしまったからかな?とも思います。



という訳で、ここまでたどり着いた方、お疲れ様でした!

しかし読破率はどうなるんでしょう(笑)






それでは
( ´ー`)ノ

 

 

 

 

« MK-1、2 ルームランプ WINGARDとかの話 [ 1 ] | トップページ | シートなどの話 [ 首都高編 ] »

旧ミニ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: MK-1、2 ルームランプ WINGARDとかの話 [ 2 ]:

« MK-1、2 ルームランプ WINGARDとかの話 [ 1 ] | トップページ | シートなどの話 [ 首都高編 ] »