« インチ・ボルトUNFとかBSWとかの話 | トップページ | AVONBAR RACING - Mr.Ian Hargreaves の話 »

2014年6月25日 (水曜日)

他人とは思えないオイルポンプ

もう30年以上も前に使っていたこのオイルポンプ・・・

900img_2826

お世話になったスパイダータイプ(フランジタイプ)GLP141(12G2790)
これは良い方のポンプ

エンジンO/H、チューンの際にはいつも交換してきました。


時は過ぎて十数年前頃にイギリスでよく売られていた社外アフターマーケット用のオイルポンプがあって、これにはずっと個人的にダメ出しをしてきました・・・・。というのは・・・多くの方も思われてる通り、オイルポンプは車の心臓です。ですからずっと品質に拘ってきました。

900img_2833

外観では分からないダメポンプ

もともとミニの純正のオイルポンプを作ってきたのはCONCENTRIC社とHOBOURN-EATON社の2社です。

昔のピンドライブ式に準じた、850cc-998cc-1098ccなどのスモールエンジン用を作ってきたのがバーミンガムの
コンセントリック社。対してクーパーSコンペ用やMK3のS、GT、1275cc用のハイキャパタイプを中心に作ってきたのがそのホボンイートン社です。最終のマニュアル1.3用のGLP138を作ったのもホボーンイートン社です。

2000年代に入ってからこの二社とも純正OEM品の製造を中止します。

900img_2831

昔からオートマ用はホボン・イートン製
HEはHOBOURN EATONの略

そこからが苦戦の始まりでした。良いポンプがない。社外品で数社ありましたが・・どれもイマイチ。一社なんかはリッドを密着させるのにOリングを使ってあったり・・・ひどい。



近年のミニのエンジントラブルの大半は・・・オイルポンプの不良とバルブリフター(タペット)の不良です。原因が分かりにくいと思います。特定しにくいからです。でもそれらが悪いと・・・何をどう工夫しようが・・・WPC加工しようが・・・〇〇コーティングとか・・・色々やっても・・・残念ながら壊れます^^;

もう一つ大事なことですが・・・オイルポンプはむやみに吐出量を増やしてはイケナイってことです。適切なオイル量をいかに油圧が逃げないようにエンジンオイルラインから各部にキッチリと送り込むかが勝負です。大容量はオートマとターボに限られます。油圧ライン自体の体積が多いからです。むやみに大容量をつけるとパワーを失うこともお忘れなく。ハイキャパとか言う言葉に惑わされないでくださいね。






で、12年前に見つけたのがこのオイルポンプ。

900img_2827

とても良くできていて、精度、クリアランス、スラストも完璧。蓋の精度もOKです。特徴:フタが黒ではなくグレイ色



昔から取引きのある業者の方なら私がコレをずっと送ってたのを解ってもらってたと思います。先日も「このポンプで昔に組んだレースエンジンは今でも現役です」って聞いて、当時さんざん「異常にオイルポンプに拘りすぎ」よばわりされたかもしれませんが・・・こういう話のおかげでなんとなく救われた気持ちにはなります。






このポンプはその当時は使ってる人が少なかったりで、イギリスのチューナーがAEAP製のクリアランスの甘いのを使ってたのでコレを勧めてあげたら喜んでもらったりもしました。



ところが約2年前・・・突如このポンプの
ツーリング(型)が壊れてしまいます(ToT)/~~~  急に大量生産しようとしたのが原因だそうです。



その後、他のメーカーがこぞって後継品をだしますが・・・どれも駄目。あとは業者の方はご存知の通りです。




1年半の間イギリスをあちこちで探しまくって、一個のこってたらそこから郵便で送って貰ったりとなんとかやりくりをしてきましたが・・・もう限界。。








ホントにギリギリの今年4月後半、何度か試作品をもらったり情報やリクエストを依頼していたメーカーからサンプルが届きました。

900oilimg_2795

やった。。。精度、クリアランス、密閉度、センタライズ、素晴らしい。昔のよりも断然良いと思います。普及タイプも売り出されると思いますが、当社のサプライヤールートのものは「クリアランス・ファイン」「プレッシャーテスト」をダブルチェックでおこなった高品質バージョンにさらにクオリティシーケンスが施されます。そのQCレッドがマークされたオイルポンプに「RED POINT」という名前が付けられて販売されることになりました。

800img_2844


個人的にオイルポンプに拘って30年ですが・・・

まちがいなく現在、最高品質のオイルポンプです。どのチューニングメーカーの選定品よりも良いです。



1380ccへの装着テストもしました。カムクリアランスも過去最良・最適です。エンジンが組みあがって油圧計がビーンと振り切るのはホント気持ちが良いもんです。



メカニックの方なら取り付けの際、対向の2本のボルトを締める時に手に残る「キンッ!」という感覚からこのポンプのアッセンブリーとしての精度がわかると思います。

800oilpump2img_2797

OIL PUMP -RED POINT- GLP138 HR 

実はすでに先々週に入荷しましたが・・・ほぼ予約で完売しました。次の入荷は7月中~下旬の予定です。その分の予約は現在受け付けています。どうしても今困ってる方は言ってください。できるだけ早く何とかします。



いろいろ紆余曲折があったんで他人とは思えないこのパーツ。今後もずっとエンジンの中で一生懸命に頑張ってくれると思います。



詳しくは当社ショッピングサイトからどうぞ

http://www.do-td.co.jp/shop/index.html

(でもこのブログ記事の方が詳しいと思います)

 

 今回、このオイルポンプの試験・装着テストに協力いただいたミニ専門店ファクトリーの方々、大変ありがとうございました。

 

 

 

 

« インチ・ボルトUNFとかBSWとかの話 | トップページ | AVONBAR RACING - Mr.Ian Hargreaves の話 »

旧ミニ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/596059/59874687

この記事へのトラックバック一覧です: 他人とは思えないオイルポンプ:

« インチ・ボルトUNFとかBSWとかの話 | トップページ | AVONBAR RACING - Mr.Ian Hargreaves の話 »

フォト
2018年6月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ