フォト
2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
無料ブログはココログ

« 自分の理想とシフトノブ [ 2 ] | トップページ | 再入荷とかその他もろもろ [ ハーモニックダンパー他 ] »

2014年8月 6日 (水曜日)

Sタイプ・アルミシフトノブ [ その後 ]

先日のSタイプシフトノブへのお問合せありがとうございます。

メールをいただいた方には既にご連絡しました通り、今回の分の一部をモニター割引で販売させてもらおうと思います。ご購入後に簡単なレビューを頂ければ結構です。下記までメール「モニター希望」
でご連絡ください。購入方法をご案内します。
order@do-td.co.jp

モニターを希望されない方はコチラからお願いしますね
http://www.do-td.co.jp/shop/10_743.html

1000img_36532_2


で、その後の話です。

先日も書いたんですが当社から販売時の状態はだいたい中細仕上げでこのぐらいです

1000img_3682_2

色を入れられた方、もっとピカピカにしたい人はこういう手順で



まず、こういうコンパウンドのセットが売ってます。800円くらいで。よく使われてるひとも多いと思います。

950img_3676
この中の二本を使います

900img_3679
中細と極細。

まず中細で下地を仕上げます。ココまではもう製品の時点でできてるんですが、もう一度整えた方が少し仕上がりが良い場合があります。


簡単にティッシュなんかでもいいんで少し押し付けながら磨いてください。20-30秒くらいでいいです。本気で光らせたい人はネル生地なんかを使ってください。球の上半分だけでいいと思います。



次に極細を使って仕上げてください。適当な時間で。

ココで気になるラインが有る場合はもう一度「中細」からやりなおし。落としたりしてカジリができた人は「細」から始めて、「中細」、「極細」とやり直してください。


そして最後にシフトパターンにコンパウンドが残った場合は爪楊枝や綿棒をつかってとる。


だいたいこれくらいにはスグなります。

1000img_36422

あまり磨きすぎても手のタッチで曇りはきますのでホドホドでいいと思います。


裏側はシャフト径を逃がすように9mm深さ3mmでこんな感じです

1000img_3613_2




シフトノブの握り方って人によって色々ですよね。深くシャフトまで握る人。丸くグーで握る人。あと手の大きい人、小さい人、男性、女性。

なるべく多くの人が「いいね」と言ってもらえるように意識はしたんですが、半分以上は自分の主観を他人の気持ちに置き換えて作った・・・ある意味試作品とも言えます。



いろいろとトライはたえず必要だと思ってますんで続けますし、さらに改良になるならもちろん仕様も変える事ができます
.
.
.


パーツでも修理でもレストアでもコレ何でもそうなんですが・・・「続ける」、「追い込む」はとても大事だと思います。座右の銘は大袈裟か^^; あ、指針です!


.
.
.
.

« 自分の理想とシフトノブ [ 2 ] | トップページ | 再入荷とかその他もろもろ [ ハーモニックダンパー他 ] »

旧ミニ」カテゴリの記事

コメント

個人的な好みではありますが、適度な重さ(1300純正ノブ+程度)があれば都合いいかなと。
あとアルミ無垢が腐るほど市場にあるのでアルマイトされてたりすると差別化もされていいかなと・・・。
個人的な好みの話ですが。

いつも投稿ありがとうございます
アルマイト加工処理は比較的簡単にできるんですが、プツプツと腐食したり爪傷が付いたり
したときの再メッキ、再加工がむずかしいのが欠点なんです。たぶんご存知とは思いますが。


ポリッシュかアルマイトか?確かに迷うとこですが・・・外装なら迷わずアルマイトです。内装
ならポリッシュを選んでるんですが…何か他の方法がないか、色バリエーションとかも有りか
考えてみます。

クロームメッキという手も有ったんですが近年ではアルミにメッキかけれる工場も特に限られ
てきて値段もちょっと特別なモノになったりもします…^^;

そういえばディンキーさんのアルミシフトノブはアルマイト処理してるって言ってました。
アルマイトブルーとアルマイトレッドもあります。従ってコレも同じような事をするのは個人的に
ダメですね。ただ球タイプには無いみたいだからイメージが大きく違うモノになるならば有り
かなと思いますが。

ディンキーさんのノブの人気は根強いですよね。これ昨日、わたしの知り合いのブログでこれ
アップされてます
http://albert-green.cocolog-nifty.com/blog/#_ga=1.156771634.826005100.1402463286

なんとウチのブログに対抗です!それは冗談ですが(笑)それくらいシフトノブは遊べるし身近な
部品で長年使ってる愛着も沸くパーツという事ですね


>純正並に軽いアルミノブ。
これは思いがけない発想です。ある意味カルチャーショック。要思案!

うーん、アルミ結構軽いですよね。

でも、純正+αの適度な重さですね。


コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Sタイプ・アルミシフトノブ [ その後 ]:

« 自分の理想とシフトノブ [ 2 ] | トップページ | 再入荷とかその他もろもろ [ ハーモニックダンパー他 ] »