« AVONBARとロアーアームブッシュの話 [ 1 ] | トップページ | CRホイールの入荷予定と新色 [ プラチナム・シルバー ] »

2014年9月 1日 (月曜日)

AVONBARとロアーアームブッシュの話 [ 2 ]

そんなこんなで少しずつABRブッシュも復調していくなかで、あるとき製造工場から連絡がありました。

ロアーアームブッシュの改良版を思いついた。すぐに見本を送るのでテストをお願いしたい。でした。

送られてきたのがコレです。

1000img_3993

最初は、「え?どこが?」でしたがよーく見ると

950img_4047

ブッシュの中にローレットみたいな網目の加工がしてあります。

あ、なるほどスチールカラーとブッシュをを空転させてロアーアームをフリーに動くようにする訳ね。でもカラーを締めこんだらブッシュのサイド方向がギツギツで動かなくならない?



まずロアーアームに付けて見ました。

950redimg_4039

あ、だめだ。カラーよりブッシュがですぎている。締めこむとブッシュが擦れてボロボロになるね。あと狙いどうりにも動かないかもしれない。

速攻で工場にそれをメールで連絡。

約一週間後に違うのが送ってきました。早い^^;

950okredimg_4041

おー、これならOK。ばっちり。

後からスチールカラーを圧入した時にブッシュが横に伸びるのを計算して、その分ブッシュを短く作ったそうです。

なるほど。あとから聞きゃ簡単だけど十分の一ミリ単位で計算していったらしいので大変だったと思います。


テスト車両に付けました。あと、従来のエイボンバーブッシュを使ってもらってた知り合い、数件にも協力してもらい合計5台のテスト体制でまず3ヶ月やりました。うち2台はサーキットにも持ち込んで。


いろいろなデータがとれまして、ロアーアームが従来のゴムのねじれの作用から解き放たれてフリーに動くようになるとこんなに良いサスになるのかと皆がビックリしました。結果、実際の発売は7か月後でした。


でも、ここで注意が必要なのは、このブッシュはメンテが不十分なサスには向かない。特にショックアブソーバーが抜けてたり、ラバーコーンがヘタリ過ぎていたりするとダメ。とか本当に現在のサスペンション全体の性能とコンディションが如実に現れます。まあごまかしが効かないって事です。

.
.
.
.





このブッシュを使うのに「何かサスが調子悪いから使ってみようか?」では絶対良くなりません^^;

「サスペンションをキチンとした状態にしたいからこのブッシュを使おう」ならOKです(^_^)

ですから、もしもこういったノウハウがないメカニックの人がサスがヘタッたままの車輛にこのブッシュを付けて・・・・「このブッシュはだめだなあ・・・」みたいに判断するかもしれませんね。でもダメなのは他の部分なんです。

あと装着にも手順とキチンとした調整も必要です。その辺は当社の協力店に詳しくお聞きください。でもキマると「
メンテフリー」になるんでとても楽です。

この辺はまた近いうちにラバーコーンとアブソーバーの話の時にでも詳しく!

.
.
.
.



というわけで3年前に新型になったのを機に名前も「ABRロアーアームブッシュPHASE-2としました。このあいだそのことをイアンに話したら、エイボンバーブッシュでいいんじゃない?と言われましたが、現在はやっぱり工場直で輸入してるんでABRでいこうと思います。
.
.

.

途中で、ブッシュの硬さが気になったんでメーカー工場に二回ほど硬度を変更してもらいました。両方変えましたが、どちらかというとストラットバーブッシュの硬度が主体です。なぜならこの組み合わせではストラットバーブッシュが追従になるからです。少しの違いでも結果はメーカーデフォとは大きな違いになりました。つまり入力が少し変わったら出力が大きく変わる原理です。

このメーカー工場とのやり取りのおかげで、この頃すでに並行して進んでいたラバーコーン MOULTON by AVON のストラット部の径を変更とかラバーの硬度設定などの指示なんかがスムースにできたりして大変ためになった思います。

A458_z3

FAM3968MA モールトン・ラバーコーン D.O.Spec

あ、それからこのブッシュはレース用サスにはもちろんOKですが乗り心地がよくなるようにというノーマル派の人のセッティング用にも大変おススメです。これはよく勘違いされてます。シッカリ感はでますが足回りは硬くならないです。むしろシッカリと柔らかくなります。

セッティングも決まって当社指定の硬度にしてもらった後、高強度とサビ防止のためにカラーを初期のAVONBARと同じく
ステンレス製にしてもらいました。これで日本仕様&ABR仕様ってことです。

1000img_3998

メーカーがすべてのブッシュの色を変えるとの事で「濃紺」「濃茶」「黒」が候補にあがってるとのことだったので、断然ネイビーな「濃紺」を推しました。たぶん他からも濃紺のリクエストが多かったと思います。そしてその新色もできました。

1000img_4024_2

300img_4032

このブッシュができるのにいろんな人の苦労があったりアイデアがあったりで、それを今のカタチになるまでの16年間、一緒にやれたのは大変ラッキーでした。モノ造りっていうのは一朝一夕ではできないということを思い知らされた気もします。ウチもやれるだけの事はやったつもりです。


最近、この工場メーカーの取引先の英国のいくつかの販売店、〇クチオやSUPER〇ROあたりでもこのブッシュを取扱い始めています。

前述の通りウチとはちょっと仕様が違っています。それらはメーカーのデフォルト仕様のままです。ステンレスのカラーはたぶん高い方を頼めば入手は出来ると思います。

1000img_3988

赤色は当社オリジナルカラーで硬度は当社濃紺と同じ設定




でもコレらを個人の方が輸入するのはあまりお勧めできません。やっぱり販売店には長年の実績とノウハウがあるからです。このブッシュは特にそうだと思います。性能の優れたブッシュだけど・・・間違えるとダメな結果にも成りえる・・・・

P90k


業者の人でもし輸入される場合は、その硬度において十分なテストを国内で繰り返すことを勧めます。長期テストも含めて、いくつかのサスペンションコンディションとの組み合わせ。その他の事もしっかりと掴むように。ポン付けなんかは論外。


.
.




そうしないと買われたユーザーの方に迷惑をかける可能性があります。
通信販売をするなら尚更。.最終的な負担は全てユーザーの方にかかってしまいます。
.


1000img_4032_2

.
.

とはいえABR仕様のブッシュであればどこで買われても、しっかりとした技術サポートによってミニのサスペンションの可能性を拡げてくれるロアーアームブッシュ&ストラットバーブッシュです。やっぱり、乗ってうれしく曲がって楽しいのはミニ本来のポテンシャルが発揮された時ですよね。

.
.

1000img_4020

1000img_4005

.
.
.
.
.

 うーん読み返すと・・・・濃いかなあ^^; 濃いね(笑)





本ブログ「新古折中」の最新記事は見やすいブログ村ランキングから
ご覧ください。記事ランキング・PVランキングにも参加してますのでぜひクリックご協力ください!

↓最近記事へ

にほんブログ村 車ブログ MINI(ミニ)へ
にほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村

« AVONBARとロアーアームブッシュの話 [ 1 ] | トップページ | CRホイールの入荷予定と新色 [ プラチナム・シルバー ] »

「旧ミニ」カテゴリの記事

コメント

そんな流れがあって今があるのですね!
たかがブッシュなのですが、クルマなんて所詮小物部品の集合体なんで、トータルで良い方向へ持って行くにはこのブッシュは(ロアアーム/テンションロッドブッシュ)欠かせません。

どれくらいの人が[1]、[2]を読破するのか心配してました(笑)意外と最後まで
読んでいただいてるようでありがたいです。

ABRがオリジナルというのはそういう意味なんですがコレを説明しだすと
ただでさえ長い電話がたっぷり一時間+くらいのコースになる^^;

長いブログ記事になっちゃいましたが良い機会だったかなと思います。
16年+3年で19年。年月はあっと言う間ですがミニが色褪せないのは嬉しいですね~

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/596059/60241313

この記事へのトラックバック一覧です: AVONBARとロアーアームブッシュの話 [ 2 ] :

« AVONBARとロアーアームブッシュの話 [ 1 ] | トップページ | CRホイールの入荷予定と新色 [ プラチナム・シルバー ] »

フォト
2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

カテゴリー

  • 旧ミニ
無料ブログはココログ