« リアハブベアリング | トップページ | LUCAS CONTACT SET [ デスビのポイントの話 ] »

2014年10月26日 (日曜日)

ABR ロアーアームブッシュの話 [ 4 ]  念のため編

ネット上での誤情報などから、万が一誤解される方がいらっしゃるといけないので、念のためになんですが

当社、ABRロアアームブッシュの取付の際にブッシュの外側(つまりロアーアームの内側)にグリス等をべっとり塗ったりは絶対にしないでください。

9502img_5190

ブッシュの外側、つまりロアアームの穴にグリスをべっとり塗ると、ロアーアームとブッシュが空転したりズレたりする事が考えられ大変危険です。

最悪のケースではロアアームピンのナットの緩みを呼ぶ可能性もあることと、この部分が付け過ぎたグリスによって動くようでは、たえずロアアームピン横方向にもズレが生じますので正確なアライメントもとれません。これはメカニックの方ならすぐに分かると思います。

また走行中にもアライメントが動的に狂う可能性も高く、とても危険です。



まず大事な事、

可動(軸回転)するのはあくまでもブッシュとステンレスカラーの間だけです。下図の②のグリーンの部分だけです

ロアーアームがブッシュに対して空転(軸回転)することがあってはいけません。もし類似品等がそういう設計だとすれば私の見解としてはとても危険だと思います。



下図をみてください

1000img_51972
ここにはベトベトとグリスを塗ったりしないでください。もしロアーアームにブッシュを圧入する際に入れやすくするためにゴク薄くシリコングリス等を使用した場合は装着後にロアアームとブッシュが動かない事をプロメカニックの方が確認してください。
また、圧入する際は万力等が必要です。するっと入ってしまう場合はロアアーム穴径などの不適合が考えられます。あと一部のアフターマーケット・ネガキャンロアーアームなどでまれに穴径公差が大きすぎるなどの不良品も実際にありますので、ロアアームを変更されている場合はその辺もキチンとチェックして下さい。





ここだけが可動部分になります。そのためにブッシュ内側にメッシュ目が細かく切ってありグリスを保持するようになっていますので、そのブッシュの内側にシリコングリスを塗ってください。
グリスの種類を指定しているのは、モリブデングリスなどは、ポリ系のラバーに対して攻撃性があるため長期的にブッシュが傷むのが早まる可能性があるからです。樹脂系の材質にもやさしいシリコングリスをお勧めします。

③この部分はロアアームピンのナットを締めると動きませんが、ピン側がスチール製なので錆びを防止するためにモリブやシリコングリスを塗っても構いません。あんまり塗ってなくてもABRブッシュの場合はカラーがステンレス製なのでサビでガチガチになって固着してしまう事はほとんどありませんが気になる人はジンク塗装などさび止め処理をしてもかまいません。

 

もうひとつ注意点として、ロアアームの穴径内のサビとりをする場合は、ワイヤブラシ等で必ず手で磨いてください。回転ブラシやフレックスホーンなどをモーターで使ってしまうとボアをわずかながらでも削りすぎ広げてしまう可能性があります。

 

この内径寸法は絶妙にできていますのでブッシュを固定させているのに重要な基本ファクターなので変えないことが重要です。

あと鏡面みたいにツルツルにしすぎるのもダメです。ロアアーム穴径には純正に近いある程度の仕上げ肌のほうが良いです。

.
.
.


これらの動き方や機能はボールベアリングなどに置き換えて考えてもわかります。

例えばボール部分(可動部分)以外の外側レースなどがガタガタしていたらあっというまに摩耗、破損してしまいますし、機能的に危ない状態になり、正確な軸可動をしなくなります。
.
.
.






あとABRテンションロッドブッシュに関しても、やたらとグリス等を塗布しないでください。基本的にブッシュはその弾柔性で動かせるようになっています。初期馴じみのためとキシミ音防止を考えて
部分的なアラなどの必要な個所だけに最小限のグリスを使用するぐらいにどどめるのが通常です。

1000img_4013

こういった取付方法というのは自動車全車種を取り扱う、いちブッシュメーカーの製品概要や取付説明などを鵜呑みにするべきではありません。一般の車と違ってやはりミニのパーツは特殊なものです。
.
.
.

ABRロアーアームブッシュの装着方法は長年このブッシュを取り扱ってもらっているメカニックの方々と当社での経験と実際の耐久テストにもとづいて設定されているものです。
.
.
.




あと通信販売で買われたユーザーの方へは、いつもメールでは取付に関してやりとりをさせて頂いています。基本はプロメカニックの方に装着を依頼されることを推奨しています。取付に際して弊社ABRブッシュを購入された方は何度でもご遠慮なくお尋ねください。実際に取り付けられるメカニックの方からのご質問でもOKです。

どこかでSUPERPROあたりを輸入して販売してる店の動画を見たら、ロアアームとブッシュが空転してアームだけが動いていて驚きました!危険です!
ABRブッシュは正常に装着すればそういう外側の動きはありえません。本来は中の方がフリームーブ(自由可動)しますのでブッシュとロアアームは一緒に動いて見えます。そうでなければ、それはフリームーブ(ピロ的動き)ではなく装着不良です。




以上が、当社ABRロアアームブッシュ取付に関する正しい情報でした。

.
.
.
.
.





本ブログ「新古折中」の最新記事は見やすいブログ村ランキングから
ご覧ください。記事ランキング・PVランキングにも参加してますのでぜひクリックご協力ください!

↓最近記事へ

にほんブログ村 車ブログ MINI(ミニ)へ
にほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村

« リアハブベアリング | トップページ | LUCAS CONTACT SET [ デスビのポイントの話 ] »

「旧ミニ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/596059/60544147

この記事へのトラックバック一覧です: ABR ロアーアームブッシュの話 [ 4 ]  念のため編 :

« リアハブベアリング | トップページ | LUCAS CONTACT SET [ デスビのポイントの話 ] »

フォト
2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

カテゴリー

  • 旧ミニ
無料ブログはココログ