フォト
2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
無料ブログはココログ

« ブログの過去記事INDEXまとめ | トップページ | なつかしの・・・ワイド・ドアバイザー »

2015年3月26日 (木曜日)

一品物・限定品・当時物 [ 2 ] 3月26日版

新品BMC純正ロッカーカバーのベント付きです。これくらいの状態のモノは今では珍しいかもしれません。

950img_6447

 

1966年頃のモノだと思います。

 

950img_6448

1960年代後半から1970年代前期頃に作られたOリングタイプのフィラーキャップがベストマッチなのでセットで販売します 。

 

950img_6453

 

 

.
.
.
.
.





次はコレ

 

950img_6348
英国スミスメーター52mm用のFACEガラスです。

昔、センターメーターを大量に輸入していた時期があって、その頃にスペアで買ったものです。

でも・・・今でもこれの需要があるのかは甚だ怪しいですね^^;

一応、一品物当時物のコーナーで販売してますのでたまたま必要な方がいればぜひどうぞ(^.^)



次は・・・

 

950img_6322
これは実はMK-1初期タイプのフエルゲージが欲しくて買ったんですが・・・入手したころには間に合ってしまってそのままになってました。

メーターも入荷した時は動いてましたが現在はテストしてないので現状販売です。

そのぶん安く設定しました。フエル計だけでも買い得だと思いますが、ガラス内部は要掃除です^^;



最後は・・・

 

950img_6326
英国CAERBONT製のSMITHSオイルプレッシャーゲージです。

CAERBONT社はもともとはSMITHS INDUSTRIES社の下請け工場だった会社です。一時的にはSMITHSに買い取られたりしたあと、スミスメーターの生産中止前に独立しています。

CAERBONT社はSMITHSの商標と製造権を正式に取得した世界で唯一の会社とも言えます。

昔にもう一社、同様にSMITHS社のOEMを製造していた工場がありまして・・・そこは後にSPEEDGRAPHの工場になった場所です。

でもこっちではBMC当時のMK2以降のCOOPERやSの純正メーターが作られたと聞きました。一方、CAERBONT側は1970年代以降のMK-3のメーターがメインだったらしいです。

そのために現在のセンターメーターキットに使われるメーターは90マイル、140キロ、130マイル、200キロのメーターしかないのはそういう理由だと思います。

SPEEDGRAPHのほうだったら100マイル/170キロもあったんでしょうね・・・^^;


いずれにせよ、いまだにCLASSIC SMITHS レンジのメータ類を作り続けてくれているCAERBONT社に感謝!ですよね(^^)/

 

 

 

 

 





本ブログ「新古折中」の最新記事は見やすいブログ村ランキングから
ご覧ください。

↓最近記事へ

にほんブログ村 車ブログ MINI(ミニ)へ
にほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村

« ブログの過去記事INDEXまとめ | トップページ | なつかしの・・・ワイド・ドアバイザー »

旧ミニ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 一品物・限定品・当時物 [ 2 ] 3月26日版:

« ブログの過去記事INDEXまとめ | トップページ | なつかしの・・・ワイド・ドアバイザー »