« 日産スタジアム、ニューイヤーミーティングお疲れさまでした(←遅すぎる笑) | トップページ | 組立ステーキット  »

2016年1月22日 (金曜日)

TIMKEN製ハブベアリング純正コンプリートSET(当時品)

当時のロングブリッジ工場に直接納められるハブスイベルASSYを組み上げるために使われた「ハブベアリング・コンプリートSET」です。

850img_1753

純正OEコンプリートSETには「フランジカラ―、センターナット,英国製ハブシール、シールスペーサー」が付いています。

 

850img_1757
付属する・・・上写真、左のフランジテーパーカラー正規品にはテーパー先端部に鋳型からすでにニゲをつくって仕上げてあります。これによりドライブフランジのテーパー部に適正なトルクと面圧で締めこめることができます。またこういったC型テーパーにはその一定のばね性をもった鋼材が使われます。

右のフランジセンターナット正規品はは当たり面が円状になっていなければいけません。純正品はその硬度・材質も必要十分なものです。

 

一時期、この純正タイプが枯渇した時期には品質のわるい英国製社外しか無かった時代がありました^^;・・・・そしてその頃に日本でもリプロがつくられ・・・中には必要以上に硬度を上げて薄く仕上がった強化品的なものも一部作られました。でもそのリスクとメリットを考えるなら、入手ができるいま正規の「純正ナット」を使うことをつよくお薦めします。

 

さらにベアリング間のスペーサーリングが7種類のサイズで付属します。

 

850img_1756

 

テーパーベアリングを向い合せてカップリングすることによる公差をスペーサーの厚さで最終調整します。

当時のミニの組み立て時はハブスイベルとCVジョイント、ドライビングフランジの関連公差も含めて調整されました。

実はその関連公差こそが現在のハブベアリングを交換するときに必要な「コツ」ともいえます。


当時ハブスイベルコンプリートがどのような手順でROVER工場で組みつけられていたかが分かる貴重なセットです。

 

Img_1738

 

さらに、これらの当時OE製品を数セットを入手して調べた結果、TIMKENが工場を当時イギリス→イギリス&フランス→フランス&USAと使い分けてパーシャル・マニュファクチャリングを行って行ったのが分かります。

 

850img_1759

 

850img_1758

 

そしてそのどれもが適正な精度と公差範囲でできておりTIMKENがベアリングの世界的なトップメーカーであることを印象づけています。




もちろん現在のTIMKEN製のベアリングSETでもそれらを踏襲して正規認証されているものは十分なクオリティを持っていてベアリングのマッチングもできていますのでご安心ください!

 

850img_1765

11,000円(税別)

やっと発売開始です^^; 

下のリンクをクリックしていただくと当ブログにランキングポイントが加算されてます。またミニに関する面白いブログ記事が満載ですのでぜひご覧ください。

リンク→にほんブログ村 MINI(ミニ)ランキング

当ブログの最新記事へも↑上記リンクからどうぞ!

 

 

 

 

リクエストも受け付けてますのでぜひどうぞ(^_^)

 


にほんブログ村 MINI(ミニ)

 

« 日産スタジアム、ニューイヤーミーティングお疲れさまでした(←遅すぎる笑) | トップページ | 組立ステーキット  »

旧ミニ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/596059/63100902

この記事へのトラックバック一覧です: TIMKEN製ハブベアリング純正コンプリートSET(当時品):

« 日産スタジアム、ニューイヤーミーティングお疲れさまでした(←遅すぎる笑) | トップページ | 組立ステーキット  »

フォト
2018年8月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ