フォト
2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
無料ブログはココログ

« ミニ用 ホイールナットの選び方① | トップページ | VANDERVELL (F1VANWALLで世界を席巻した伝説のメタルメーカー) »

2016年4月22日 (金曜日)

ミニ用 ホイールナットの選び方②

前回説明したスリーブ系ナットの他にテーパー系のナットがあります

 

まず一般的に国際規格の60度テーパーのいわゆる「60度テーパーナット」とか「汎用テーパー」あるいは普通に「テーパーナット」と呼びます。これは12インチ以降のミニに使われます。

昔からある汎用60°テーパータイプ

 

900img_2100


そしてその汎用60°にも上の写真のような袋ナットと下のような貫通ナットがあります。
下は12インチ系スチールホイル用の貫通ナットです。(純正品番113087)

 

900img_2109

テーパー部位の面積を見てもらえば分かりますが、スチールホイールの場合はホイル側の受けている面の幅もそれほど深くはなくて、鉄剛性をそのまま利用して締めこむためにこのような形になります。どちらもバネ性もありますから接合に関しては相性もよいいのですが・・・わるくいえばソレなりともいえます^^;

 

テーパーナットに関してはアルミに使われる場合はその角度がホイル側のテーパー角にほとんど等しい方が接地する面積が広くなり・・・俗にいう「締結剛性」が高くなり・・「ブレ」、「ジャダ」、「振動」などが起きにくくなると言われています。下のようにテーパー面の径をソケット径よりもいったん大きくしてテーパー面が構成されています。

 

600img_2111

 

ただ一般のホイールナットの理論というのが、MINIにそのままあてはまるかは・・・ちょっと疑問なものもあります。サスペンション構造、ホイール径、ホイールそのものの造りとか既存のホイールの品質レベル、さらに対応精度などを考えれば・・・一般的な理論が半分くらい・・・であとはミニ独特のもつノウハウみたいなモノの方がむしろ大事だと思います。

ですからよくある国産レーシングナット云々、みたいなHPとかのやや過剰な理論は半分くらい参考程度にされれば良いと思います。

いずれにせよテーパーナットの一番大事なポイントはその接合の面積ができるだけ多いことです

 

01nuttaper

 

上の赤い部分が精度よく接触している面が多ければいいですが・・・これはナット側だけの話ではなく・・・アルミホイール側の状態にもよって左右されます。



外したナットのテーパー面に一部分だけ筋がついていたりキズがある場合はチェックされると良いですね(^.^)

 

あとアルミホイールのテーパー座面位置が落とし込んでデザインされている場合・・・ホイールナットによっては装着時にテーパー座面の周囲を痛めてしまう場合があります。

 


たとえば純正エイトスポークホイール用の純正ナットはこういうのでした

 

57

 

このナットはちょっと手が込んでいて実際はスリーブ形状のナットにテーパーのワッシャーをはめてあって、さらに頭はステンレスの化粧キャップで見栄えをよくしてありました。(キャップ付きのロックナットとの統一デザインという理由もありました)

 

ただ・・これがあまり強度がよろしくなくて^^; よくだめになって泣かされました。あとその化粧キャップが外れてしまうとかしばしばでした。

 

それで90年代当時に各社から対策品という事で広めのテーパーを持ったナットが売り出されたわけです。当社ではあるメーカーに相談したら、もう半分くらいは完成してましたのでタイアップという形でステンレス製の対策ナットを販売しました。もちろん今でも専門ショップさんには良く使っていただいています。

 

900img_1922


アタマの部分が純正の化粧キャップを模してあるので・・意外と一、二個混ぜて使っても違和感はありません。ステンレス製なので色と質感も近いです。純正12インチホイールで困られていたらぜひお使い下さい。もちろん純正以外のほとんどの汎用テーパーのアルミにも使えて一番安心なナットでもあります(^.^)

セットはこちらです。

900img_1917




当社の推奨の汎用60度テーパーナット16個セットはこちら↓

900img_2056



あと、下はいわゆる貫通タイプでも座面を広く造ってるタイプです。スチールホイルはもちろん、ほとんどのアルミホイールに対応するナットセットはこちら↓です。 個人的には漢なかんじが昔から気に入っています(^.^) 
(実はもともとはミニ用BBS鍛造アルミ用に作られた一級品です)

750mpc_258





もうひとつミニ用だと球面状のテーパーを持つ「ラウンドテーパー」または「丸テーパー」と呼ばれたナットがありますが・・・長くなったので次回に^^;



汎用ナットセット中心に簡単に説明していこうと思ってたんですが^^; やっぱりどうしても長くなりますね(~_~;) 





 

下のリンクをクリックしていただくと当ブログにランキングポイントが加算されてます。またミニに関する面白いブログ記事が満載ですのでぜひご覧ください。

リンク→にほんブログ村 MINI(ミニ)ランキング

当ブログの最新記事へも↑上記リンクからどうぞ!

 

 

 

 

リクエストも受け付けてますのでぜひどうぞ(^_^)

 


にほんブログ村 MINI(ミニ)

 

« ミニ用 ホイールナットの選び方① | トップページ | VANDERVELL (F1VANWALLで世界を席巻した伝説のメタルメーカー) »

旧ミニ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ミニ用 ホイールナットの選び方②:

« ミニ用 ホイールナットの選び方① | トップページ | VANDERVELL (F1VANWALLで世界を席巻した伝説のメタルメーカー) »