フォト
2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
無料ブログはココログ

« 純正ペダルラバーGPR107とMOWOGの話 | トップページ | お待たせしました!Sタイプシフトノブが再入荷![ 新ラインナップ考察編 ①] »

2016年7月 4日 (月曜日)

LUCAS 59D4用 ローターアームの話

LUCAS 59D4型
ディストリビュターといえば80'初期A+998ccに使われてキャブクーパーの65DM4フルトラ化される前まで長期にわたって使われたディストリ
ビューターです。しかし晩年になってルーカス、MG-ROVER、その他アフターメーカーの全てのパーツの品質が低下したためにいろいろなトラブルが起き
ました。

 

 

 

10356418_393685384149224_5396284972

 

 

[ ローターアーム編 ]

まずはここ最近のLUCAS箱、インター箱のローターアームの写真①を見てください。ローターのブレード部が本体にリベットで固定されていますよね。(あとローターアームに関しては45D、59D共通ですがここでは59D4表記とさせてもらいます)

 

770img_2221

 



これがほ
ぼ最近のアームの欠陥でした。シャフトに固定する裏側にはスチール製のSPリテーナーが入っていますので・・・実はこのリテーナーとリベット下部の距離が近くなりすぎて(ギャップが少ないために)リークしてしまいま
す^^; 

もちろん全部が全部リークする訳ではありません。言い換えるとリークする可能性が高くなります。

一旦リークしたローターアームは通電した樹脂部の極部絶縁性が低下しますので使えなくなります。どういう条件でスパークがリークするのかは天候、温度、電圧、他の部品との整合性、さまざまな影響を受けま
す。

これは自然現象のカミナリがいつ落ちるのかが予想できないのに似たような話ですね
^^; メカニックの方々で経験があるとすれば・・・たとえば日本製の有名メーカー製のフルトラキットに付属するPPKがあってソレには英国製の最近の
LUCAS製を利用して加工製作したモノが使われるわけですが当然ながら同じトラブルが発生します。

日本製のPPK&フルトラなのに何故動かなくなったの?と不思議に思われたと思いますが・・・私が見てきた範囲では半分くらいがローターアームのリークでした。

 

 

 

では何故昔の・25年くらい前のユニパート製の純正GRA114がリークしにくかったかが分かりやすいので見てください。

 

770img_2222

 

写真②のこんなパックでしたよね、懐かしい(^.^) 

 

写真③を見てください。リベットの位置が少し違うのが分かりますか?

  

770img_2223

  

さらに下の写真④で比べてもらうとわかりやすいと思いますが左が最近のモノ、右が当時のユニパート純正。

 

770img_2226


 

たったのコレだけのリベットの位置数ミリが違うだけでスパークリークする可能性がかなり減ります。当時のユニパートは純正指定ですからテストも入念に行われていたから良品だったわけです。

 

たぶんオートメーションで方で作るには多少でもセンターに近い方が作りやすかったんでしょうね^^; でもテストはろくにされなかったし時代は65DM4に入っていたので・・・結果ないがしろにされたって感じでしょうね(ーー;)

 


ただ私も当時に分かってはいてもユニパート純正も入手が困難になり・・対応することがなかなか難しく・・・個人的な裏ワザとしては「裏のスプリングリテーナーを一旦外して上側の
丈を短くカットしてリークしないようにとりつける」ということをやっていたのですが・・・固定方法を失敗すると逆にトラブルになるのでかなり気を使
いましたので・・・けっか、皆さんにおすすめできることもなかった話です^^; 

あとこのへんの話になると多くの人が「フルトラ化」「65DM4化」になっていった訳で
す。ただ・・最近はその65DMもリプロなんでモジュールが粗悪という問題にも直面しています。

 

けっこう前になりますがイギリスのあるイグニッション系に勤めていたエンジニアがそういったLUCAS系のデスビの研究とリビルトを始め会社をはじめました。彼はもちろんソレに気づいていてこんな赤いローターアームを作りました。

 

_1


 


写真⑤がソレです。ブレードがリベットを使わず埋め込みになっています。最近のモノの①よりリーク率は低くなります。これはトラブルがだいぶ少なくなって良いアフター品と思います。レッドローターアームと呼ばれています。ただ素材の耐熱性はベークライトに比べてだいぶ劣りますので、一定期間での交換が必要になると思います。こちらはおそらくイギリスでつくっていると思います。


アフター品フルトラデスビのメーカーもこれを採用したり・・・中にはパクって作ってます^^; ちなみにコピー品は中華製で素材も精度も粗悪ですのでやはりトラブルのもとになります。 最終のLUCASボックスも品番によって対策品として採用した時期もありますが今は自社で黒色でつくっていますが・・材質はまだまだなようです(T_T)。

 


この記事は数年前にブログを始めたころに書きたかった話だったんですが^^; 「じゃあ良いのを下さい」といわれてもだすものが無かったのでなかなか書けませんでした。

 


今回やっとさがしに探してた当時のルーカス製が入荷したのが写真⑥です。

 

770img_2227



最初期型54422803です。素材も最初期のはベーク系樹脂をつかってあり耐熱
性、絶縁性にも優れたジョセフルーカスの逸品です!もちろん販売できる一定数は持ってますが・・・・こういった歴史背景や物理的性能などにも理解いただける方とお話をすることがあればぜひともお譲りしようと思っています!
 

とりあえずこのタイミングでしか書けないと思ったので十数年以上も・・・思ってたけど人に言えない&あえて言わなかった話を書いてみました(^.^) あースッキリしたぁ笑




 

750img_2232




 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 







下のリンクをクリックしていただくと当ブログにランキングポイントが加算されます。またミニに関する面白いブログ記事が満載ですのでぜひご覧ください。

 

 

 

リンク→にほんブログ村 MINI(ミニ)ランキング

 

当ブログの最新記事へも↑上記リンクからどうぞ!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

リクエストも受け付けてますのでぜひどうぞ(^_^)

 

 

 

 

 

 

 


にほんブログ村 MINI(ミニ)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

« 純正ペダルラバーGPR107とMOWOGの話 | トップページ | お待たせしました!Sタイプシフトノブが再入荷![ 新ラインナップ考察編 ①] »

旧ミニ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: LUCAS 59D4用 ローターアームの話:

« 純正ペダルラバーGPR107とMOWOGの話 | トップページ | お待たせしました!Sタイプシフトノブが再入荷![ 新ラインナップ考察編 ①] »