« 最良の足回りのジョイントを求めて [ ナックルジョイント編 ]  ① | トップページ | 11/6 JAPAN MINIDAY in 浜名湖のご案内 ① »

2016年10月31日 (月曜日)

最良の足回りのジョイントを求めて [ ナックルジョイント編 ]  ②

さて、そのソケットの種類ですが

  

まず社外品A

Img_2313

黒光りして一見良さそうなんですが・・・・

 

Img_2314

薄いから手で簡単に潰れる~^^; これではダメです。材質も柔らかすぎる。

 

さらにサイズ少し小さいので取り付けてもガタガタです(~_~;) これが付いている社外品は30点以下です・・・

 

次にデルファイ製のソケット↓

 

Img_2320

寸法こそOKですが・・・そこそこしっかり分厚いのに手で簡単に変形するのは・・・あまりにも材質がヤワい証拠ですね^^; これに例のグリス溜りがカットアウトされたボールが擦り合わさる訳ですから・・・・残念っ(>_<)




社外品Bのソケット↓

 

Img_2324

おっ?思いきり力を入れてもこれくらい(・.・;) もしやいけるかな!
寸法と先端の形状は?

 

Img_2323

最先端の仕上げがフラットに簡略化されている^_^; 惜しいな・・・ここはナックルジョイントの消耗ライフの後半に圧力が中心寄りにかかった時に支えて受ける大事な所です・・・・しかもテーパー面の仕上げと全体の仕上げも少し荒いせいでちょっと公差もあるなぁ・・・・材質が良さそうなだけに・・・残念!
でもこの社外Bをデルファイ製に組み合わせて使ってた方も多いと思いますね。それは今まで入手できていた範囲では「正解!」といえます。たぶんデルファイソケットのままよりも2倍くらいはもつと思います。ブーツ同様の情熱ある選択です(^.^)




そして・・・もう入手できないROVER純正品↓

 

Img_2309

さすがの品質です。もちろん握りつぶしてもほとんど変形しませんし材質が素晴らしいです。カタチ、精度、テーパーすべて完璧!ま、純正だからあたりまえか^^; (※注意-現MG品を買うと全く同じ品番で社外Bが入ってますのでご注意ください^^;)

 しかしさすがの純正品とて刃物のようなボール先端で削られて行けば早い劣化はさけられないでしょうが・・・・でも他のより相当もつでしょうね。

Img_2311

しかし、ボールが当たるアールとか見ていてうっとりします(ヘンタイか笑)

 

 

とまあ、もう手に入らないモノをどうこういってもしょうがないので他に使えるものを世界中くまなく探してみました。

 

アフターマーケット品が社外A、B以外にもさらに三種類あるのを確認して取寄せてテストをした結果です。CとEはサイズから問題ありだったので・・・もう割愛させていただきます^^;



そして、これが社外Dタイプです↓


Img_2327_2
 
材質もシッカリ硬くて、かつ粘りがあります。なにより球面アールがほぼ適正値でできています。

相当強く握っても純正とほぼ同等の強さがあります↓

Img_2325

エアソーでカットしてもらいましたが手ごたえ十分だったそうです。あとで断面の画像がでてきます^^;

 

よし!ソケットはコレでいこう。次はボールピンです。



前出の〇ルファイ製

Img_2351

先端が残念です^^; たぶん金属同士のジョイントだったらシートの形状によってはボールはこの形状で作られるものが他車種では存在します。デルファイ社の下請けしたファクトリーにそういったノウハウがあったと思われますが・・・・相手はプラスチックみたいな樹脂です^^; ひとたまりも有りません。よってこのタイプはボツです(~_~;)


次に社外A~Eに使われていたボールの中からグリス溜りの少ないものを選択しました。

ボールピン社外Ⅱ

Img_2350_2

使える可能性ありです。要加工ですが・・・

昔の純正ユニパートにちょっと似ています。ちなみに先端の穴はグリス溜りというよりも工場で切削加工するときのちょい長いものがぶれないようにセンタリングに使ったものです。21世紀の現在の旋盤加工では不要の穴です。 あ、コレを見て?その下請けファクトリーが勘違いしたのかな?そして、それならもっと溜りを大きくしようって勘違いからか^^; 

真偽は分かりませんが・・・こういう歴史検証みたいなのはやらないよりはやった方が絶対にいいと思ってますので・・・・必ずそういう考察はするようにしてます。これをやっとくと自分が何かを作る時に同じ轍を踏まないですむことが多いからです(~_~;)




そしてボールピン社外Ⅲと社外Ⅳは外観はほぼ一緒

Img_2356_2

これらも可能性があります。この2タイプはそっくりながら球面アールが微妙に違っていました。


それでは次編でボールの球面アールと受けソケット内のアールのマッチングを調べていきます!

 

つづく・・・ 


[ナックルジョイント編] ③へ続きます。少しお待ちください。(なんとか③で完結したい^^; )

その間はこちらで応援お願いします 。

にほんブログ村 車ブログ MINI(ミニ)へ

100000000facebooklogo_2




↓ドゥトレーディングHPはこちらからどうぞ。

Dohp

http://www.do-td.co.jp/shop/

----------------------------------------------------------

いつもご声援ありがとうございます!

下記のリンクから、
ブログ村ミニのランキング「クリック」

FBドゥトレーディングの「いいね」
ぜひよろしくお願いします!

にほんブログ村 車ブログ MINI(ミニ)へにほんブログ村 MINI(ミニ)

100000000facebooklogo_2 ドゥトレーディングfacebook





« 最良の足回りのジョイントを求めて [ ナックルジョイント編 ]  ① | トップページ | 11/6 JAPAN MINIDAY in 浜名湖のご案内 ① »

旧ミニ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/596059/64426384

この記事へのトラックバック一覧です: 最良の足回りのジョイントを求めて [ ナックルジョイント編 ]  ②:

« 最良の足回りのジョイントを求めて [ ナックルジョイント編 ]  ① | トップページ | 11/6 JAPAN MINIDAY in 浜名湖のご案内 ① »

フォト
2018年8月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ