« 「私的なポイントGCS124の当時のトラブルの話」 完結編 | トップページ | 【NOSルーカス製・MK-1用3PINフラッシャーリレー】当時品の稀少なフラッシャーユニットが入荷しました »

2019年6月12日 (水曜日)

【FAQ】ラバーコーンAVON_ALEXMOULTON製について、よくいただくお問い合わせです。

テストや耐久試験からスタートして販売を開始しましたラバーコーンAVON_ALEXMOULTON(DO.SPEC)も足かけ8年目を迎えました。


最近ではユーザーオーナーの皆さま、およびお取引先の方々から多くの支持をいただくようになりました。ありがとうございます。テストや改良を根強く(しつこく^^;)やってきてよかったなと思っています^^ 

昨年から良くいただくラバーコーン交換時の車高に関してのご質問を2件FAQとしてご紹介しますのでご参考ください。重複する部分もありますがご自分の状況に近い方でごらんください。





A458_z2 ラバーコーン AVON_ALEXMOULTON(D.O.SPEC)

(MINI1000ご所有のF様からご質問)

【 ラバーコーンFAQ-1 】
1000ccオートマ、エアコンなし車に乗っています。ラバコンの変更を考えていますが、乗り心地を考えて ラバーコーン AVON_ALEXMOULTON製フロントに考えているのですが、前側の車高が妙に上がってしまうのではないかと危惧しています。AVONのノーマルラバコンを使用したほうがいいのか悩んでいますがいかがでしょうか?


【当社からの回答内容】F 様 こんにちは。 ミニスポーツ系のAVONノーマルと当社のAVONモールトンラバーコーンの高さはほとんど同じですのでその心配はないです。ただしどのラバーコーンでも新品に代わることによって車高が一次的に上がることはありますがしばらくすると少しずつなじんできます。ラバーコーンのみ交換でもいいのですがせっかくであればいつも均整のとれた前後の車高にするためにハイローキットと呼ばれた車高調整のセットを使います。これの当たり面の設計や重量、精度などで乗り心地もさらによくなります。とくに当社ロードアジャスターを装着するか、すでに装着されていればベストですが他のハイローがついていても特に問題はありません。(但しナックルジョイントのトラブルの問題があるのでミニスポーツ製のアジャスタライドというハイローの選択はできれば避けてください)


ですのでベストな組み合わせは
1)AVON_ALEXMOULTON製ラバーコーン http://www.do-td.co.jp/shop/11_458.html
2)ロードアジャスターセット http://www.do-td.co.jp/shop/11_46.html
3)高品質ナックルジョイントx4個 http://www.do-td.co.jp/shop/11_889.html
です。乗り心地がかなり良くなる+その乗り心地が長持ちするように設計してあります。

ショックアブソーバーは抜けてなければ、ノーマルからスポーツタイプまでほとんどに適応します。もともと始めたきっかけが、ラバーコーンは昔からけっこう高いものなので 「せっかく大金を使うなら後悔しない(お客さんに後悔させない)ものを!」がコンセプトだったので現在のように多くのミニショップさん、ミニオーナーさんから支持をいただけるようになりました。ぜひじっくりとご検討ください。さらにご質問などご遠慮なくどうぞ!
ドゥトレーディング


A458_z3



(MK1にお乗りの九州K様からのご質問) 

【 ラバーコーンFAQ-2 】  当方、MK-1の998クーパーに乗っております。もちろんクーラー等はありません。お尋ねですが、市販されている英国製スムーサライドキットは、フロントとリヤでラバーコーンの高さ・仕様が異なるようです。フロントが重い1300㏄エンジン対応を考えられたものと解釈しておりますが、当方のマーク1にラバーコーンFAM3968MAを使用するとした場合、フロント、リヤともFAM3968MAにすべきか、リヤにはそこまで求める必要はないと考えられるのか、いかがでしょうか?前後揃えるか、後は通常版で十分なのか?単に好みの問題でしょうか?また、FAM3968MAに推奨されるハイローキットがあれば、併せてご教示お願いいたします。
どうぞよろしくお願いいたします。

【当社からのご返信内容】K様 こんにちは。ご説明します。スムーサライド・ロングストローク系もクライアントメーカーからの依頼ですべて最終的にはモールトン社で作ってますが・・・柔らかい乗り心地ばかりを追求すると、ミニ本来の粘りと気持ちの良いクイックな動性を失うばかりか、長期的な耐久性などにも影響がでてしまうという・・私的には・・・というか乗り心地とキビキビとした走りの両立的な見方で言うならそれらは少し残念な結果になってしまった感が否めないです^^;

当社のFAM3968MAラバーコーンはエアコン有り無しを問わずに4輪どこに使っても大丈夫な挙動範囲も考えてありますので、できれば前後両方お勧めします
しかしながらミニのサスペンションの乗り心地は70%がフロントで決まりますので当社でもフロント2個をまず交換させてもらうケースはよくあります。作業が別々なので工賃的にも同じなのでまずフロントをという感じです

ほとんどの車が今までとかなり変わりますので、そのあとリヤも交換を希望されるかたが多く、期間を少し置いたとしても結局は全ての方が4個換えていると思います。リヤも換えられると街中での乗り心地も変化しますが、首都高などの継ぎ目のある路面などを走った時の不快感がかなり減少するのがわかると思います。

ロードアジャスターというオリジナルのハイローをお勧めします。これはラバーコーンに当たる接触面をバネ係数と耐久性を考えて作ってあるからです。あと強度を保ちながらも軽量化されているのでラバーコーン独特のクイックムービングに追従しやすくなります。
【ロードアジャスター】
http://www.do-td.co.jp/shop/11_46.html
【ナックルジョイント】
http://www.do-td.co.jp/shop/11_889.html

キチンとラバーコーンの粘りと開放感のあるスプリング性が効いて、それをショックアブソーバーの制動によって少し味付けをするというのが本来の乗り心地のいいミニの足回りになります。
(補記:ショックアブソーバーに頼りすぎる足回りのセッティングはなかなか結果が出にくいものです。かといって消耗してぬけているアブソーバーでは全く無理ですし、あとコイルサスなどはセット長にもっと余裕のある長さXバネ径でなければ物理的に難しく、このラバーコーンの空間に無理やりつけられた鉄製のコイルの極圧によりサブフレームが割れてしまう!という事態もかなり高い確率で起きています。)

当社でナックルジョイント・ボールジョイント・ロアーアームブッシュ・これらにも可動部のスムース性を求めるのは、最終的に「乗り心地に影響するから」と「長持ちすること」の両方を考えてあります。

【ボールジョイント】
http://www.do-td.co.jp/shop/19_884.html
【ロアーアームブッシュ】
http://www.do-td.co.jp/shop/19_35.html

各商品のリンクにあるブログなどもぜひご参考ください。流通品よりも少し高めの価格になってしまいますが、これでもう何度も修理をやりなおす必要がなくなり結局はかなりお得になります。
ただし上記ロアーアームブッシュは1962年までのMK-1初期型ロアアーム(ブッシュ部がテーパーで無いタイプ)
だけには対応していませんが、通常のロアアームには装着可能です。

順序が後になってしまいましたがラバーコーンはいま欠品中ですが今週イギリスから出荷になりますので
来週(12/19~)には納品可能の予定です。
ご説明が長くなりましたが^^; 逆にそこがホームページなどで説明不足だったように思いますので問題なければご質問とこのメールをFAQとして追記させていただこうと思います<m(__)m>

それではよろしくお願いいたします!

ドゥトレーディング
担当者

【後日Kさんからご返信いただきました】

ドゥトレーディング担当者様 丁寧かつわかりやすく、迅速なご回答ありがとうございます。FAQへの掲載につきましては、問題ありませんのでぜひお使いください。FAM3968MAの良さは以前からブログ等で拝見し、着目していました。しかし一方で、素人にはFAM3968MAと同等と思えるものや「純正品」とされたものもあります。単価だけで考えると、「必要十分なもの」としてそのようなものを購入しがちです。急ぎではありませんが、年内にはFAM3968MAを4個注文できればと思っております。
この度はとても丁寧な対応、ありがとうございました。



※F様、K様、メールご質問ありがとうございました! 




↓にほんブログ村ランキングに参加しています。ぜひ応援のクリックをお願い致します^^

にほんブログ村 車ブログ MINI(ミニ)へ

 

 

 ホームページdo-td.comはこちらからどうぞ

1000idouyou_3


 ホームページ機能の説明をごらんください

Dotdcom


SSSSSSSSSSSSSSSSSSSSSSSSSSSSSSSSSSSSSSSSSSSSSSSSSSSSSSSSSSSSSSSSSSSSSSSSS

 

FACEBOOK D.O.TRADING

100000000facebooklogo_2

 




↓Web site of D.O.Trading

 

Dohp

 

http://www.do-td.co.jp/shop




« 「私的なポイントGCS124の当時のトラブルの話」 完結編 | トップページ | 【NOSルーカス製・MK-1用3PINフラッシャーリレー】当時品の稀少なフラッシャーユニットが入荷しました »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 「私的なポイントGCS124の当時のトラブルの話」 完結編 | トップページ | 【NOSルーカス製・MK-1用3PINフラッシャーリレー】当時品の稀少なフラッシャーユニットが入荷しました »

フォト
2019年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ